カプサイシン、イソフラボン効果とは!?

08.24

薄毛対策には、育毛効果のあるたんぱく質などの必要な栄養素の摂取や、血行促進作用のあるカプサイシンを摂取することが有効です。またAGAが原因の薄毛対策には、イソフラボンや輸入医薬品であるジェネリック発毛剤が効果的です。

薄毛対策に必要な栄養素を摂ろう!

薄毛対策に必要な栄養素は、たんぱく質、ミネラル、ビタミンです。
・育毛効果のあるたんぱく質
たんぱく質は体をつくる材料になります。髪の毛もケラチンというタンパク質で出来ているのでその材料を毎日の食事で摂ることが重要です。髪の毛に必要なたんぱく質を含む食材として牛肉、ラム肉、卵、大豆製品などがあります。たんぱく質以外に、ラム肉は亜鉛を含み、卵はレシチンを、大豆製品はイソフラボンを含みこれらも育毛に大きな効果があります。
・育毛効果のあるミネラル
亜鉛は毛母細胞がケラチンを合成するの助ける働きがあります。亜鉛を含む食品は牡蠣、ラム肉、アーモンドなどです。ヨウ素は新陳代謝に関わる甲状腺ホルモンを正常に保ち頭皮の環境を整える働きがあります。ヨウ素は昆布に含まれています。
・育毛効果のあるビタミン
ビタミンAは細胞の老化を緩やかにし、髪や頭皮を健康に保つ働きがあります。バター、緑黄色野菜、レバーに含まれています。ビタミンBは代謝を促進し、頭皮環境を整え、発毛を促します。ビタミンEは血行促進により、頭皮の血流を良くして髪の成長を助けます。

カプサイシンの育毛効果は?

カプサイシンはトウガラシに含まれている辛味成分です。その脂肪燃焼効果が知られていますが、血行促進による育毛効果もあります。カプサイシンは体全体の血行を促進し、頭皮の血流も良くするので、髪の毛が育つのを助ける効果があります。カプサイシン以外に脂肪燃焼と育毛効果のある成分にラズベリーケトンがあります。これはラズベリーに含まれている成分でカプサイシンよりも働きが強いと言われています。カプサイシンもラズベリーケトンも脂肪燃焼効果があるので、肥満対策にもなります。肥満はホルモンバランスを崩し、抜け毛を増やすので、これらの成分を摂取することは、健康にも発毛にも効果があります。

イソフラボンの育毛効果は?

イソフラボンには、AGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの働きを抑制する効果があります。イソフラボンはフラボノイド系のポリフェノールでカテキンやアントシアニンと同じ仲間です。ポリフェノールは植物の苦みや渋みの成分で強い抗酸化作用があり細胞が酸化され衰えるのを防ぐ働きがあります。イソフラボンも同様の働きがありますが、この他に優れた働きがあります。それはホルモンバランスを整える働きです。イソフラボンの化学的構造は女性ホルモンのエストロゲンと似ており、働きもエストロゲンに似た性質があります。その働きで男性ホルモンの一種であるDHTの働きを抑制し、発毛を促します。イソフラボンは大豆製品に多く含まれています。納豆や豆乳など比較的安価で食べやすい食材に含まれていることも良い点です。

ジェネリック育毛剤とは

ジェネリック育毛剤はAGAの原因となるDHTの働きを抑制し、発毛を促す効果があります。発毛の長期に渡る治療費が高額になる場合にジェネリック医薬品を使用することで価格を安く抑えることが出来ます。
・ジェネリック医薬品とは
ジェネリック医薬品は新薬と効果が同じでも安い価格で購入することが出来ます。新薬の特許が切れた後の後発の医薬品なので研究開発費用が不要で価格を安く設定出来るからです。
・ジェネリック育毛剤の種類
ジェネリック育毛剤には飲むものと塗るものの2種類があります。飲む医薬品で効果があるもので有名なのはプロペシアやフィンペシアです。塗るものではロゲインやカークランド、ヘッドウェイなどがあります。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る