遺伝だけではないんです!!

02.27

女性の薄毛の悩みというのは深刻なものだと言われています。一般的に薄毛は男性だけのものというイメージが強いため、悩みを抱えていても人に相談出来ないという人も多いそうです。若い20代前半でも薄毛で悩んでいる人もおり、そのような人の原因は遺伝のせいだという認識が大多数の人にあると思います。しかし、薄毛の原因は遺伝だけではありません。生活習慣など様々な要因が絡み合い髪のトラブルに繋がってしまいます。そして、その対処方法も存在するのです。

女性の薄毛の症状とは

女性の薄毛には主に4つの症状があると言われています。一つ目は瀰漫性(びまんせい)脱毛症です。この瀰漫性(びまんせい)脱毛症は最もポピュラーな薄毛の症状だと言われており、頭頂部を中心に全体的なボリュームが減っていきます。瀰漫性(びまんせい)脱毛症の原因には、ストレスや睡眠不足、加齢、女性ホルモンの分泌低下などが関連しています。二つ目は牽引性(けんいんせい)脱毛症です。この牽引性(けんいんせい)脱毛症は髪を引っ張るポニーテールのような髪型を長期に亘って続けていくうちに、髪の根元がダメージを受けて、髪が抜けやすくなってしまいます。牽引性(けんいんせい)脱毛症の原因にはエクステも挙げられます。これは同じところに負担をかけてしまうためです。三つ目は脂漏性(しろうせい)脱毛症です。脂漏性(しろうせい)脱毛症はホルモンバランスが異常を起こし、皮脂の分泌量が過剰になることで毛穴が詰まり、抜け毛が出来やすくなってしまう症状です。脂漏性(しろうせい)脱毛症対策には適切なシャンプーなどのケアが必要となってきます。4つ目は分娩後型脱毛症です。分娩後型脱毛症は産後間もないときに起こる一過性の症状を指します。分娩後型脱毛症になってから半年から一年をかけて元に戻っていく人が多いです。しかし、これには個人差があるため、あまり気にすることでストレスを感じてしまうとより髪に負担がかかります。

薄毛を予防する生活習慣

薄毛にはストレスが大きく影響します。そのため、外的要因でストレスを感じてしまう環境にある人は要注意です。また、遺伝も薄毛には関係しているので、血族の中に薄毛の人が多いという人も今後のケアに気をつけましょう。また、シャンプーするときの力が入りすぎていると頭皮に負担が掛かります。指の腹でマッサージをするように優しく洗うことを心がけましょう。また、ウイッグをずっと付けていることにより、こちらも頭皮にストレスを与えてしまいます。ときどき外すようにしましょう。さらに極端な食事制限を行うダイエットや睡眠習慣の乱れなど、日頃の生活習慣を改善することで薄毛対策に繫がるポイントは数多く存在します。注意していきましょう。

薄毛に効き目があるツボ、マッサージ

薄毛に効果があるとされるツボは「百会」と呼ばれていて、頭頂部で両耳を結んだところと鼻の延長線が交わるところにあります。これを両手の中指で押して離す行為をゆっくり繰り返しましょう。また、抜け毛の進行を遅らせるツボも存在します。「通天」です。これは、百会を起点にして、指2本斜め下に下がった左右にあるツボです。こちらは左右同時に押してください。頭頂部の抜け毛には、「天柱」「風池」がオススメです。「天柱」は首と頭の境目にあり、中心から左右に指1本分の場所にあります。「風池」はそこから更に指1本分の外側の窪んでいる場所にあります。こちらも左右同時に頭を持ち上げるように押してください。このようなマッサージをするのと同時に、ジェネリックや輸入医薬品の育毛剤を使うとより一層効果が上がります。ジェネリックは価格が比較的安く、安全性も高いと言われていて、ジェネリックを愛用している人もぞうかけいこうにあります。また、輸入医薬品は国内で買えない製品を使うことが出来るため、新しい効き目に期待出来ます。輸入医薬品はインターネットを使って購入することができますが、詐欺に合わないように信頼性の高いサイトを利用しましょう。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る